BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. behavior
  4. 年内に必ず婚活を卒業したい人のための5つのチェック

年内に必ず婚活を卒業したい人のための5つのチェック

婚活を続けている方の多くが、「今年こそ結婚したい」「もう婚活に疲れたから早く卒業したい」という思いを感じているのではないでしょうか。

婚活を卒業するには、5つのチェックポイントを満たしているかどうかを確認するのがおすすめ。このチェックポイントは9年間で5000名の男女の婚活の行動と結果を分析してきた婚活カウンセラーが設定しているので、婚活を成功させるために見ておいて損はありません。

ぜひご自身の婚活の方向性が間違っていないか、判断する基準にしてみてくださいね。

チェック1.外見と印象を見直す

外見や印象は、上手に利用すると婚活で大きくプラスに働いてくれます。

反対に、話してみるととても素敵な方なのに、成果につながらないという場合は、多くが外見・印象で損をしているといえるのです。

では、ここでは女性に特化して、損してしまう外見・印象の方をご紹介します。もし当てはまってしまっている場合は、見直すことで婚活卒業に近づけることでしょう。

1.髪型で個性を出しすぎている

髪型で個性を出しすぎている女性は、きつい印象や頑固な印象を与えてしまっている可能性が高いといえます。たとえば、ぱっつん前髪や前髪なし、ショートカットや重たい黒髪、長すぎるロングヘアなどは個性が目立ちすぎてしまいます。

婚活では、清潔感のある女性らしい王道のヘアスタイルが基本。よくわからないという方は、美容室で「柔らかく女性らしいヘアスタイルにしてください」とオーダーするといいでしょう。

2.「痩せすぎ」もしくは「ぽっちゃりしすぎ」

婚活を成功させるためには、体型も意識することをおすすめします。

駅ビルなどに並んでいる程度の洋服が着こなせる程度の体型に整えると、おしゃれの幅が広がるうえ、男性に対していい印象を与えられるでしょう。

ただし、無理なダイエットはせず、健康的な生活をベースに体型管理をしてくださいね。

3.華やかに魅せることに抵抗がある

素敵な男性とのご縁を引き寄せるには、パッと見て魅力的に見える華やかさを身につけることが大切です。そのように華やかに見せることに抵抗がある女性は、第一印象で損をしてしまっている可能性が高いといえるでしょう。

また、華やかさを敬遠している女性の方が、男性に対する理想が高い傾向にあるのです。たとえば、

  • 年齢差5歳以内、年上はNG
  • 収入も学歴も自分より高いこと
  • タレント並みの外見を持っていること

など、自分の憧れの人を結婚相手にしたいと考えているのです。

地味にしていても、自分と同じくらいの男性を希望しているのであれば問題ありません。しかし、自分は華やかに着飾ることに抵抗があるのに、理想ばかりを高く掲げていては、いつまで経っても婚活から卒業はできないでしょう。

なぜなら、掲げているような条件の男性はモテまくるので、綺麗で華やかな女性たちと引き合わせられるから。華やかを避けているうちは、憧れの男性とのご縁をゲットすることはむずかしいといえます。

自分が華やかになって理想の男性と釣り合うようになるか、華やか嫌いを続けるのであれば、条件を妥当なものに変更しましょう。

チェック2.立ち位置を再確認する

周囲から見て「しっくりくる」「お似合い」だと言われるカップルは、決まって長続きしていると思いませんか?無理してお付き合いをしても、違和感が日に日に大きくなったり、どちらかの負担が大きくなったりして付き合い続けることがむずかしくなることでしょう。

つまり、釣り合わない相手と無理に付き合っても、どんどん苦労が増えていってしまうのです。欲求ばかり追っていては、苦労ばかり味わう日々になることでしょう。それを避けるためには、自分に合う相手を見つける必要があります。

では、自分に合う相手とは、どのように見つけられるのでしょうか。見つけるためには、自分の立ち位置を客観的に把握することが大切です。

自分の婚活を客観視するポイント

自分の婚活を客観視するには、いくつかのポイントを押さえておくのがおすすめです。

  1. 卒業学校の偏差値のバランス
  2. 勤務先にいる異性と申し込む相手の属性
  3. 両親の属性のバランス
  4. 年齢差

両親の属性は、「気にしない」という方は大方サラリーマンであり、反対に経営者の方は「気にする」傾向にあります。自分の仕事にプラスになる家庭との結婚を求めている場合があるので、客観的に捉えるとともに事前に確認しておきましょう。

また、年齢差は、男性の場合はプラスマイナス5歳差の相手であるか。女性の場合は、20代はプラス5〜7歳、30代前半はマイナス2歳からプラス8歳、アラフォー世代はある程度の収入を希望する場合はプラス10〜12歳を目安に考えるといいでしょう。

チェック3.自分にも他人にも厳しくなりすぎない

これまでさまざまなチェックポイントを提示しましたが、どれも完璧である必要はありません。完璧を求めすぎると、自分にも相手にも厳しくなりすぎてしまい、結果として自分に自信もなければ、相手にも求めすぎてしまうという状況が出来上がってしまうのです。

自分のことを批判的な目で見る相手と結婚したいという人はいませんよね。自分のことをしっかりと愛して認め、相手のこともおおらかな気持ちで受け入れることを意識するといいでしょう。

チェック4.金融リテラシーをしっかりと持つ

昔は、自分の収入だとどの程度の相手と結婚できるかという考え方が一般的でした。男性が理想を高く掲げるのであれば、ある程度の稼ぎがなくてはと考えられていたのです。

しかし、令和に入った現在は、男性は掲げる条件に女性側の年収も入れていることが多いといえます。年収だけではなく、金融リテラシーを持っておくことで、選ばれやすい女性になることができます。そして、金融リテラシーを持っておけば、結婚するとしてもこのまま独身で過ごすとしても、お金に困らずに人生を送れることでしょう。

結婚が決まってからではなく、婚活中にお金の勉強をすることは、素敵な相手とのご縁をゲットするために大切だといえます。

チェック5.人生を90歳まで計画する

婚活のゴールまでを描くのではなく、自分の人生全体の計画表を立てましょう。

自分がこの先どのような人生を歩み、どの程度の費用が必要で、どの予算はどこから生み出すのかを整理しておくことで、安心して結婚に踏み切れます。

婚活を進めることは、ライフステージをひとつ進めることを意味します。人生のゴールを想像し、そこから逆算して今するべきことを考えてみると、婚活の卒業にグッと近づけるはずです。

まとめ

今回お伝えしたチェックポイントを見直して守ることで、婚活卒業への道が拓けてくるでしょう。

もし自力での婚活がむずかしそうであれば、プロの手を借りたり講座を利用したりして、モチベーションをあげてみるのがおすすめ。

自分のことを理解し、誠実に真面目に婚活を進めることで、納得できる結果を手にできるはずです。自分がウエディングドレスを着ている姿や結婚生活を送っている姿を想像し、気持ちを高めて婚活に臨んでくださいね。

結婚はゴールではなく、新しいライフステージのスタートです。そこから何十年も続くわけですから、納得できないままズルズルと婚活を終了させることは避けたいもの。チェックポイントを活用して方向性を修正し、いい人生を送るための婚活を進めましょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事