BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. wedding
  4. 成婚できる無駄のない婚活の会社選び

成婚できる無駄のない婚活の会社選び

 

婚活サービスの会社とその種類

いわゆる仲人、お見合いのお世話をする、あるいはお相手を紹介するサービスを業とする会社には、いくつか業態別に種類があります。

 

婚活を考えたとき、どこに依頼するかはコストとそこで本当に決まるのか、かなり時間も含めたリスクがあるので

全体を理解した上で、選択するとよいでしょう。

 

婚活業界にはどんな種類があるのか?

大手結婚情報サービス、婚活のアプリ、結婚相談室、昔ながらのお見合いおばさんのご紹介・・お相手紹介といっても、様々な形態があります。かかる費用も、月数千円から 最初から、何十万円かかるものもあります。

PAK86_okesyouhin_TP_V

 

 

①一番お金が入会時にかかるのは、結婚相談室だと思いますが、その理由は、お見合いの設定のあと、交際になってから、成婚までのコンサルティングが 腕の見せ所であるです。

 

紹介をしてからは、御本人に任せるシステムとは違っています。

 

仲人として しっかり中に入って決まるまでの 双方を取り持つ仕事では、相当の時間と経費を、陰でかけています。

 

仲人同士、毎週集まって情報交換の会議をしたり、個人的にお会いしてやりとりしたり、新しい方が入れば、お願いに上がったり、個人の情報を右から左へ、今だとメールで送信しておしまいではないので時間をかけて、動いています。

 

また、人間対人間の信頼関係があっての関係ですので、御結婚後も御夫婦と一生のお付き合いになることもあります。卒業生とお食事会などをして同窓会になることもあり、うれしいひとときです。

 

特に男性からは、結婚式までのさまざまな御相談をお受けすることもあります。結納はどのくらい包むのでしょうか?とか、指輪の相場は?など、聞きにくい内容も 第三者なのではばからずに質問できます。

 

仲人は、元気な人が多く、朝8時くらいから11時過ぎまで、ほとんど休みなく連絡を取り合います。そのような 活動の元となるのが、会員様からお預かしている会費になります。

② 結婚情報サービスの会社は、新聞に大きな広告が載るような、紹介システムがそれにあたります。①のような 人間の入るお世話というよりは 情報を提供するサービスをする会社です。紹介されてから、個人の力によるところが、やや多くなります。

横笑顔

 

③ 婚活アプリ

 アプリなので費用はかなり低く設定されます。出会いのチャンスから実力で勝負する形です。

これらは、ためしに少しづつ体験していると、結婚できないまま数年がすぐたちます。

 

ここでやってみたけど、ダメで・・と悠長にして人生を棒にふるよりは、体験者の話が聞けるところで、信頼をもって頑張っていただくほうが お金の面でも時間の面でもいいと思います。

 

紹介のかたちは どれであっても、結局最後はご本人の力によるところが多いのが婚活ですので、どうしていけばよいかをアドバイスしてくれるところで活動してみるのが安心でしょう。どの塾、どの参考書を使うと合格するというようなものでもないのが受験ですが、同じことが、婚活でも言えます。どの予備校だから受かるのでなく最後はご本人の頑張りです。また、必ずくじけそうになるときがありますから、きちんと希望をもって支えてくれるカウンセラーの実力とご自身との相性でやっていけそうか孤独に陥るかを判断して決めるのが賢明です。

 

どの方法を選んでも、最後はメンタルタフネスがものをいいます。ご自分と相談して、あっている方法で最短距離の着地をすれば数十万の差があっても、人生トータルでみるとずっと得だと計算することができます。

PAK63_purezentobox20131005-thumb-1000xauto-16950

 

生涯一人暮らしは、なにかと不経済でもあるからです。もしも、あなたが本当に半年以内に家庭を持ちたいとの覚悟があるならば、時間はお金より尊いのですから、アプリも情報サービスも仲人もみんなつけて 合わないものを切り捨てていくのもよいと思います。

 

どこを選ぶにしても、先に費用を準備することも必要です。半年先に活動開始するとして、お金を貯めてからもよいかもしれません。

 

最小コストでとキリキリしながら最高の人を探すのは ストレスになりかねません。

ステーショナリー

 

 

 

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事