BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 結婚相談所
  4. 婚活にかける時間とお金と達成感の関係

婚活にかける時間とお金と達成感の関係

今日は、ビッグニュースが入りました。

とある御大家の縁談がまとまりました。

 

お相手は50代のイケメン

これ以上ないハイスぺ

それが条件の婚活でした。

女性は40代です。

来春早々、華やかな華燭の典が

執り行われるのだそうです。

皆でよかったねと言って喜びました。

 

しかし、このおはなし

続きがあります。

 

彼女は ちょうど20年婚活を続けられていたそうです。

 

20年、大学を出てすぐにお見合いを始めて20年です。

どう思いますか?

 

大恋愛で結婚・35歳からの年齢差の少ない結婚、婚活には年月がかかる

 

結婚に大恋愛を求める場合や

学歴と見た目と年齢差の近い結婚を望む場合には、

20年婚活に賭けるくらいの気概が必要なのかもしれません。

 

女性の結婚が大変になりだす35歳から40代にかけての男性は、

経済力もあり、男性として一番のモテ期になるから、

相手が強気だということが原因です。

 

 

男女でモテ期がずれることはしっかり意識したほうがいい

もちろん、10代のときなら 大恋愛で結婚とかはあるのでしょう。でもある程度の年齢になると、理想だけに固執していいのか、どこまで要求できるかはその人の人生を変えることなので相当慎重に考える方が賢いです。

 

学生時代のノリで いや相手といったら2歳くらい年上までとか、いやわたしは若く見えるから年下でもいいな

と思っていても

 

そうは男性側は見ていない、ということがよくあります。

 

 

自分は相手から見ると どんな感じにうつっているのか

冷静に見ていった方が、人生はじつは楽で華やかなのでしょう。

 

それは妥協ではなく、現実に即した生き方をするという賢明さです。

 

理想を落とせということではなく、恋愛から結婚に至るのは リアルな出会いの場合は 針の穴にラクダを通すくらい難しいのです。

そもそも、とくにアラフィフの男性は 必ずしも結婚が必要と思っているわけではないのですから。

 

 

年下と結婚したいという方の婚活は 一般に長期化する

今年も多かったのが 40代の女性が 年下を考えたいという希望です。気持ちはよくわかります。

ところが、年下としか付き合ったことがない方もそれらの方とは結婚に至らなかったという現実の意味も、理解してほしいと思います。

 

 

モテるのになぜか 結婚はしない場合、厳しいことですが結婚の相手としての魅力で見られていない可能性があります。

 

そんな理由から一般に年下との結婚を望む場合の婚活は10年くらいは お金にいとめをつけずにやる

くらいの覚悟で取り組むのが正解なのです。

 

 

きょうのまとめ

人に気に入ってもらうということは 大人になると思いのほか難しくなる 慎重になるから・・。

大恋愛や年齢差の少ない恋愛にこだわるなら、未入籍婚でもいいくらいの気持ちも必要

理想を変えないなら、年月と婚活資金をいとめなく使うつもりで どっしり構える

 

 

★村田弘子プロフィール★

 

 

24歳の時、お見合いで老舗会計事務所の2代目に嫁ぎ、

子どもを3人以上、男子を必ず後継ぎに

と両親に言われ、事務所の経理と子育ての20数年の日々。

 

あるときクライアントさんから、

「うちは、あなたの義父さんのご紹介で

結婚したのよ。うちの娘にも誰かいい人いないかしら?」

と言われてことから

 

税理士の舅が、ご縁つなぎもしていたことを思い出し

嫁が継ぐ形で しあわせ相談倶楽部を開設。

 

以後、質のいい結婚をめざす

花嫁プレスクールを開校。

 

結婚だけでなく その方の人生全体を

豊かにする人生のプロデュースを

手がけています。

 

 

 しあわせ相談倶楽部 LINE@
信頼できるコミュニティのなかで、パートナーと出会いたいなとお考えの方のために
神楽坂を舞台に、質のいい出会いの場やイベント・講座をご案内しています友だち追加

ご登録いただいた方はスタンプを押してくださいね

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事